これからの仮想通貨、STOトークンについて

Ryo
どうもこんばんは、Ryoです。

今日は、仮想通貨の話をしていきますが
先に言っておきますが、もうICOの時代は終わっています
これからあなたが仮想通貨という世界で付けなきゃいけない知識はSTOトークンと言うものについてです

このSTOトークンですが、アメリカでは1年以上前から流行っていて
実際にほとんどの銘柄が初値から高い数値で利益を勝ち取れています
まるで、株のIPOみたいですね

この利益が出しやすい通貨の話をしていきます

ですがその前に、近年の仮想通貨の動向をおさらいしますが、、

2016年~2017年にかけては仮想通貨(BTC,ETH,XRP等)を買った人はかなり利益を出せたと思います
ETHなんかこの期間で80倍くらいになっていますね
正直異次元でした

BTCも2017年末ごろには220万円という最高値を叩き出して
仮想通貨バブルの始まりだ!
となり新規参入者がこぞって入ってきました

ところが人生はそんなに甘くはないのですね、、

2018年になって仮想通貨で儲けようと言う人が一気に増えたのですが
ここからかなりの悲惨な状況になりました

なんと、2017年に募集したICOが2018年に上場した時にはほとんどが初値より低くさらに、BTC,ETHなどの主要通貨も衰退して2018年~2019年はかなり仮想通貨の暴落がありました

その影響で、ICOや仮想通貨投資はもう危ない
やりたくない、などの声が多くなりました

それでも今年の3月からようやくBTCを筆頭に仮想通貨の価格は回復してきましたが
それでも当時の盛り上がっている時に比べたら全然低いです

では、今から仮想通貨投資をするなら何にお金を入れることが良いのか、、

・・・

今からまあ大丈夫だろうと思われるのは、BTC、XRPあたりでしょう
その根拠については下記の記事で話しているのでそちらを読んでもらえると助かります

BTCの今年の市場について考えてみた

さて、今日のメインテーマはBTCやXRPではなく
STOトークンについてですね

これは、ICOと何が違うのか?

・ICOには投機目的や詐欺などの問題があった
・STOは、株や債券と同様の上場条件を提示してより安全に資金調達されるもの

となります
ここで株のIPOについてはご存知ですか?

IPOは未上場の株を上場の直前に抽選で当たったものだけが買えるものなのですが、実際にIPO株が上場して初値より高い確率は、、

92.4%です!

これは、去年のデータですが事実です
IPOと言うのは、ほとんどの確率で利益が出てしまうので
たくさんの人がこぞって買いたがります
そして、抽選はほとんど当たらないというのが現状です

同じように、STOも買う人がICOとは違い厳選されるものになります
実際にアメリカで上場したSTOのうちのほとんどが初値よりも高く中には数十倍で上場しているものもあるそうです

ICOみたいに国の規制で法規制されるのではなく
ちゃんと金融商品取引法に準じて法規制を行っています
なので、STOは上場条件も株同様に厳しくその代わり買うことに関しては安全なのです

あなたも買いたいですよね笑

ただ、セキュリティがしっかりしているということもあって
誰でも買えるものではなくなっています

例えばですが、今の条件だと年収20万ドル以上か資産が100万ドル以上あることがSTOを買える条件になっています

普通の人は買えないですよね
かと言って、今からICOを買うのはナンセンスです

なので、あなたは上場したSTOトークンを目で追って見てもらって
その上で、上場したSTOを買っていけばよいと思います

ただ、現状では日本の取引所でSTOトークンを買える場所が無いのですが
海外の取引所だったら現状かえる取引所は存在しますので、紹介しておきます

Templum

Coinbase

この2つの取引所では、STOトークンを購入することが出来ます
もしあなたが買おうと考えているのであれば、まずは買う前にSTOトークンのことを自分でも勉強してから買ってみてください

今日私が話しているのは、ICOと全くイメージが違うもので
どちらかというと、株や債券に似ているのであなたの知識として入れておくことには意味があると思ってこの話をさせていただいています

もしかしたら、いずれ日本の取引所でも買えるかもしれないので
知識の用意をしておくことに越したことはないですね

私もこのトークンについては勉強中ですが
かなり勉強する価値があると思って、今回はシャアしました
仮想通貨で利益を出したかったり、詐欺に合いたくない、損したくないという人は是非一度自分で調べて勉強してみてください

それでは、今日はここで失礼します