ネットワークビジネスの断り方

Ryo
どうもこんばんは、Ryoです

いつも通りネットワークビジネスの話をしますが
ここで書いている記事は基本的には、、

ネットワークビジネスは怪しいものではない
素晴らしいビジネスモデルだ
権利収入に変わっていく仕事

と、基本的にはプラスの話をばかりしていましたが
ネットワークビジネスが怪しいと思われる原因が
紹介する人が下手だったり実際にねずみ講まがいのものが存在することによるものだということも話してきました

上記のようなことが現実にありますので
明らかに怪しいのに勧誘されている!
自分は全く興味が無いのに結構しつこく誘われる!
などあると思います

これ結構困りますよね、、
ですが、あなたはこれから私が言う言葉を真似てもられば
すぐに相手は勧誘することを止めます

さて、それは何でしょうか?

・・・

そのネットワークビジネスはすでに会員になっています

こうやって言ってしまえば良いのです

それは本当のことではなくて嘘でいいからそうやって言うのです
多分次に聞かれることはこれです

誰に紹介されたの?

「親が紹介してくれた!」

こうやって言えばあなたに勧誘しようとしていた人は
すぐに勧誘を止めます

基本的な話なのですが、ネットワークビジネスは同じ種類のものをやっていたとしても、自分と繋がっているラインの人以外がどんな行動をしようが相手の収入は変わりません

なので、親や親せきなどから紹介されたあなたという全く相手が知らないラインの組織にはそこまで興味はないのです

ここまでしっかり言い通せば、、

「そうなんだ、じゃあお互い頑張ろう!」

これで相手のネットワークビジネスの勧誘のお話はあっさり終わります

逆に例えば、、

「なんか怪しそう、、」

なんて、言ってしまった日には
あなたにネットワークビジネスがどれほど素晴らしいビジネスなのかということをプレゼンする時間が始まりますよ?

私自身ネットワークビジネスはやっているし、ネットワークビジネスの勧誘をしたら怪しそう、、なんて言われることはしょっちゅうです

ようは、怪しいと言われるのは慣れているわけで
相手からしたらそれがプレゼンスタートの合図のようなものなのです

だから、あなたが本当にネットワークビジネスの勧誘に困っているのであれば
そのビジネスはすでにやっているから新規紹介として入れないという事実を相手に突き付けてあげればよいのです

要するに、嘘を付けと言っているようなものなので
あまり良いことを伝えている気はしませんが
勧誘に困っているなら是非、この断り方は使ってみてください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで、ネットワークビジネスの断り方の話をしてきましたが
私自身やっているので言わせていただくと
ちゃんとしたネットワークビジネスだったら、正直今の時代に合っているし
副業が流行っている今だからこそ何かに挑戦したいという人はようやく日本でも増えてきました

そんな今ならネットワークビジネスはやりやすいものとなっているのは事実ですが、強引な勧誘をする人も増えています

なので、あなたが何かに挑戦したいと思ってネットワークビジネスをもしやろうかなと思ったとして絶対に注意してほしいことがあります

それは、、

最初からリスクが大きいネットワークビジネスはやらないこと

よくあるのが、初期費用30~50万円のものですが
周りがそういうのを最初に手を出している人がいましたが正直誰も成功していません

そりゃあそうです
ネットワークビジネスの経験がない人が単価が高いからと言っていきなりそんな高額のものをやってもあなたが他の人に売れるわけがありません

だからもし挑戦するなら、最初はリスクが低いものからやってみてください
それなら仮に失敗しても勉強代だったくらいで済みます

世の中には初期費用が1万円ちょっとで始められるものが存在します

なので、もしも高額なものを勧誘されたら先ほどの断り方を使ってみてください

それでは、今日はここで失礼します