BTCの今年の市場について考えてみた

Ryo
どうもこんばんは、Ryoです。

今日は、仮想通貨市場について話していこうと思うのですけど
あなたは今仮想通貨は持っていますか?

2017年、2018年はICOがものすごく流行って、仮想通貨を買えば億万長者になれるのではないか?ICOを買えば億万長者になれるのではないか?

そんな期待をしてICOを買った人間は多くいましたね
私も実際にICOはいくつか購入しました

しかし、その結果、、ほとんどの通貨が買値よりも下がってしまい
挙句の果てには借金をしてしまう人も多く見受けられた気がします

「もう仮想通貨は終わったな、、」
「仮想通貨を買うのは危険だな、、」

はっきり言います!

仮想通貨はまだまだ儲けられる市場です!

これは何故かと言うと、仮想通貨は元々お金を送金する手段として使われるために発行されたものですがまだその役割はほとんどしていません

しかも最近ではネット銀行や電子マネーの普及により
BTCなどを使ってお金を送金する必要は無くなってきているのが現状です

実際、電子マネーやネット銀行って便利ですものね笑

そんな中で仮想通貨が上がると言える理由は何なのかというお話ですが
先に言っておきたいのですが、全ての仮想通貨が上がると言っているわけではありません

おそらくですが、今から買っておいても後悔しない通貨は
BTC,XRPでしょう

そう私が思う理由を通貨に分けて解説していきますね

BTCの今後について

BTCですが、正直まだまだ上がると確信しています

最近は仮想通貨市場は盛り上がっていないので
これを読んでいるあなたは気付いていないかもしれませんが
BTCに関しては大手の続々参入しています

BTCが大企業などで続々導入されているわけです

これも1つの根拠なのですが
やっぱりリアルマネーと違うところは、、、

発行枚数が限られているところ

これですね
BTCは昔からそうですが、2100万枚と枚数が限られています
こんなことはリアルマネーではあり得ないことで
要は、BTCは元々希少価値が高いものなのです

また、マイニングによって徐々にBTCは新規発行されていて
現在はおおよそ1780万枚発行されています

これが、2100万枚に到達するのは、2037年なのですが
それまでにどんどん大手が参入した上で、2100万枚という最大発行数が変わらないというのは、もの凄く希少性が高いものと言えるのです

3つ目の理由としては、世界共通通貨になる可能性が極めて高いです
もし、そうなったらBTCは革命的です
ただ、それが現実としてあり得るお話になってきているので
BTCには注目せざる負えないと私は思っております

これから価値が上昇していくことはかなりの可能性で考えていますので
是非仮想通貨で利益を出してみたい方は
BTCの購入を検討してみてください

XRPの今後について

さて、次にXRPのお話ですが、こちらは年内に価格上昇する可能性は十分にあると考えています

その1つ目の理由が、Googleが出資しています
これはかなり大きいことです

今後Googleが提供するサービスにGoogle PayにXRPが使われるのではないかという噂もあります
これが実現した場合、XRPの需要は増えて、5倍~10倍になる可能性だって考えられます!

XRPはGoogleだけではなく、たくさんの大企業と提携もしています
今後の動きに注目したいところです

また、XRPは複数の銀行で実際に採用されています
これは、XRPがブロックチェーンを使って管理していないことです

リップル社がXRP Leaderと呼ばれる送金台帳によって中央集権的に送金を管理しているのです
なので、他の仮想通貨に比べて驚くほど送金スピードが速くなっているのです

送金手数料を安くできて、反映時間も短くできるXRPは銀行としてもぜひ使いたいものです
さらに、胴元が存在するので、既存の金融システムからしても受け入れやすいのです

あなたが知っているような有名な銀行はいくつも提携をしています
是非、XRPについてはあなた自身でも調べてみてください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、BTC,XRPついて細かく話してきましたがどうでしたでしょうか?

今からあなたが仮想通貨で利益を上げたいとなるなら
世の中の需要を満たす通貨を購入するべきです

今の見解からこの2つの通貨が私はお勧めできるものだと思っています
是非参考にしてみてください

また、これからの仮想通貨は、ICO、IEOよりもおそらくSTO(セキュリティトークンオファリング)が主流になっていきます

いずれbitFlyerやCoincheckなどの国内取引所でもSTOトークンが上場する日が来るのは当然の流れですので、いまのうちから準備しておく方が良いでしょう

それでは、今日はここで失礼します