【体験談】家賃15万円以上の家に住むことが成功への近道です

Ryo
どうもこんばんは、Ryoです。

今日は、マインドの話をしていきますが
今日のタイトルであなたはどんな内容を想像しますか?

・・・

15万円と言うのはあくまで適当な数字ですが
要は自分の生活費をなるべく安くしようとしているかそれとも
ある程度お金のかかる生活をしているかのお話です

良く言われているのは
「良いところに住めば成功するよね」
これ何故言われるのでしょう?

それは、簡単な話で、1回そこに住んでしまったらその生活を維持しなくてはいけません
と言うことは、あなたは何が何でも稼がなくてはいけません

この何が何でも稼げなくてはと言うのが重要なのです

仮にあなたが家賃5万円の家を選んで住んでいたとしたら
月にいくら稼げばあなたは生活を維持することが出来るでしょう?

正直月20万円くらいあれば毎月お金を余らせて生活できますね
そうすると、副業をしなくても会社からの給料だけで自分の生活は維持できてしまいます

こうなってしまうと、本気で稼ぎが無いといけないという状況ではないので
あなたは本気で会社からの給料以外にお金を稼ごうという気にはならないのです

人と言うのは、現状維持が出来ているとある程度満足してしまいがちですが
それではあなた自身が本気で成長しようと思うことが出来ません

なので、私が提案するのが
若いうちから家賃15万円以上の生活をしておくことが重要だと考えます

と言っても、家賃の審査と言うのはなかなか厳しく
簡単に家賃15万円以上の家賃審査を通すことが出来ません

なので、まずは自分がぎりぎりで審査が通るところに住んでください
余裕で通るところに住むのはダメです

ちなみに、家賃15万円の家に住むのには
だいたい「家賃×40=年収」で審査が通るので
15万円×40=600万円、、

つまり、家賃15万円のところに住むのには
月収で50万円毎月稼いでいれば生活できます
ですが、月収50万円で家賃15万円はギリギリです

家賃15万円で例を出しましたが
要は、あなたの年収を40で割ったところにまずは住んでほしいのです
例えば、年収が400万円だったら400÷40=10万円なので家賃10万円以上のところで探すのです
年収が500万円だったら、500÷40=12.5万円の物件に住んでほしいのです

このように、自分の年収の1/40のところに住むと案外その収入だけではきつくなってきます
ちなみにここで大事なのは、手取りの1/40ではなく、年収の1/40だということです

こうなってくると意外にきついですよ?
ですが、何か他の仕事もやらないと生活することが出来ないというような状況を作ることで
あなたは本気で何かに取り組もうという気になります
あなた自身が本気になれます

今日の言いたいことをまとめますが
私が今日言ったことは成功するための近道のお話です

良い家に住む人には2パターンがあります
①、ある程度自分の事業で成功→良いところに住む
②、良いところに住む→やらなきゃ生きていけない環境で成功する

これのどちらが成功するための近道なのか私は今日話していたのです
もちろん、正解は②ですね

②の方を辿ると最初は辛いですが
必ず自分で何とかしようと思います

私もほとんど稼いでいない頃から
タワマンなんかに住み始めたりしましたが、そのやらなきゃいけない状況を自分で作ったおかげで
タワマンなんかでも普通に食べていける自分を作ることが出来ました

あなたがもし、何かやりたいけどモチベが上がらない、何をやれば分からないなんて人がいたら
是非この②の行動をしてみてください

②の行動をし始めた瞬間、あなたはモチベが上がらない、何をすればよいか分からない、、
何て言っている暇は無くなるので笑
何かやらなくちゃと必死に行動するはずです

その必死になって行動することがあなたの成功への近道なのです

しかも、②の行動をすることで1回良い暮らしを体験することになりますから
その生活レベルを下げることもあなた自身したくなくなりますよ?笑
人は基本的に現状維持は好きですが現状ダウンは嫌う生き物なので、、
その人間の習性を利用して、近道して成功しましょう

今日は、ここで失礼します