仮想通貨取引をする上での心構え【ハードウェアウォレットのおすすめ】

KIZUNA
どうもこんばんは、KIZUNAです。

みなさん、読者の皆さん、今まで仮想通貨が儲かる可能性のある商材の1つであるとずっと言ってきました。

この一月でビットコインはどれだけ上がったのでしょうか確認してみますね。

 

 

 

 

 

なんと約50%以上も値上がりいたしました。

以前からリッチマンを読んでいる皆さんには上昇する前からこんなに上がると想像できたのでしょうか??

また、一番言いたいことを言います。

実際に行動をしてきましたでしょうか?

まず、その際に行動に至っていないのでしたらしっかりと動くよう自分自信のマインドや仮想通貨の記事を読んでいただければと思っています。

で、今回は仮想通貨に興味がある人向けの記事になっています。

それは仮想通貨のセキュリティーに関する話です。

よく仮想通貨がハッキングされたりする被害が多いのですが、皆さんが仮想通貨において多くべき場所についてのお話をしようと思っています。

基本的に仮想通貨に盗まれている人達が置いている場所が基本的に仮想通貨取引所に置いている人が多いですよね。

そういう人達は仮想通貨に対してのリテラシーがないのです。

仮想通貨取引所に置いているのは普段の日常で、長財布を後ろポッケに入れて海外旅行に向かっている

人と同じです。

この危機感を持地ながら、じゃあどうすれば良いのか?

という話です。

そこでオススメになるのが、

ハードウェアウォレット

です。

ハードウェアウォレットとは・・・?

ます仮想通貨のウォレットにはホットウォレットコールドウォレットという大きく分けて2つの種類があります。

ホットウォレットとは、インターネットに常に繋がっていて、入出金がすぐに行えるものです。

これで実際にハッキングされているのが、コインチェックのはNEM流出事件です。

それに対して、コールドウォレットとは、インターネットに繋がっていないオフライン状態で送金などに必要な秘密鍵を管理するものです。

この説明から簡単に言えることはホットウォレットがコールドウォレットよりセキュリティー面で弱いってのがわかりますね。

ハードウェアウォレットは、仮想通貨を送金するときだけパソコン(インターネット)に繋ぐので、コールドウォレットに属するということになり、比較的安全に資産を管理できます。

で、ここでいくつか仮想通貨ハードウェアウォレットのメリットについて話をしようと思います。

仮想通貨を安全に保管できる

これがハードウェアウォレットで仮想通貨を保管する一番のメリットだと思います。

せっかく仮想通貨の売買で儲けを得たり、持っていた通貨の値段が上がったりしても、ハッキングされ全財産なくなってしまったらどうしようもありません大切な資産は強固なセキュリティで守るようにしましょう!

様々なハードウェアウォレットがあり、自分の独自のものを選べる

最近では、ハードウェアウォレットも普及し、種類も沢山増えてきました。

対応している仮装通貨が多いもの、デザインが良いもの、安価なものまで沢山の種類があります。

用途、対応通貨に合わせて、豊富な種類の中から選ぶことができます。

おすすめはハードウェアウォレットは業界で一番人気なLedger NanoS です。

他にもカード式のハードウェアウォレットのSugiカードもおすすめです。

自分自身に見合ったものを見つけ出してみてください。

気軽に持ち運びラクで管理もできる

ハードウェアウォレットはUSBメモリ程度の大きさなので手軽に持ち運ぶことができます。

基本的にこれを金庫等に入れておけば大丈夫だと思いますよ。

 

KIZUNA

いかがだったでしょうか??

仮想通貨をこれから取引する際には必ず、ハードウェアウォレットを利用してください。

では今回はこれまでで。