日本と言う国に生まれて、何もチャレンジしていない人の意見を聞くな!

Ryo
どうもこんばんは、Ryoです。

今日は、周りの意見に流されて自分のチャンスを逃してしまっている人向けに話していこうと思っています

あなたは自分が例えば、、
「歌手になりたい!」
「芸能人になりたい!」
「社長になりたい!」
あなたが子供の頃に思っていたようなことを今発言したら、、

「そんな夢みたいな話するな!」

こんなことを言われたことがあるのではないでしょうか?

でも実際、その言葉をあなたに発している相手は
歌手を目指したのか?芸能人を目指したのか?社長になっているのか?

これを考えたときに、ほとんどの人がその経験をしていない状態で
あなたに諭すように伝えてきます、、

何故なのか?

それは、その発言者が自分の今まで経験してきた常識の範囲で物事を判断するからです

その常識の範囲のことをコンフォートゾーンと言います

このコンフォートゾーンの外に出ると人は不安がります
なので、この中での自分の心地よい常識の中で発言する人が多いのです

しかし、この発言が世の中の若い人たちのチャンスを潰してしまっている傾向が多いのです

もちろん、、
「無理でしょ」
って言われて辞めてしまう人に対して、言われたくらいで諦めるな!
と思う人もいるでしょう

しかし、夢を追いかけようかどうか迷っている時に
自分と近い人間に、否定されたらやりたくなくなる人だっています
人間はそんなに最初からメンタルは強くないです

ですが、これを読んでいるあなたには伝わってほしい!

自分が目指すものに対して、否定する人の意見なんて聞かなくて良いということ

これを今日は言いたいのです

正直言いたいのですが、あなたがやりたいことを今の日本と言う国に生まれてきた時点で自分の夢を諦めてはいけないと思っています

これは、私が純粋に思うことなのですが
私たち日本人は、日本に生まれた時点で勝ち組です

治安が良い、ご飯が美味しい、ほとんどの人が自由に自分の人生を選択できる環境、携帯を1人1台持っている、、

今言ったことは、日本では常識ですが
世界ではこんなことが常識になっている国は意外と少ないですよ?

そんな勝ち組の国に生まれて、何も挑戦しない方がリスクな気がします
また、何かに挑戦してリスクを負って失敗したとしても
この勝ち組の国にいる以上、その起こった物事の全てはあなた自身のせいなのです

何か挑戦して失敗した時に、それは誰かのせいではないですよ?
起こったこと全てに対してあなたには責任があるということです

その意識を持ってあなたが持っている夢を純粋に追いかけてください

そして、あなたがやりたいことに対して経験していない人の意見も聞く必要はないです

自分のやりたいことをとことんやって
周りに流されない芯の強い人間になりましょう(^^)

それでは、今日はここで失礼します