Webライターって実際どうなの?メリット・デメリットを経験者が解説

りっちゃん
どうもこんばんは、りっちゃんです。

クラウドソーシングサイトを利用して、個人でお仕事を受注するWebライターの仕事・・・

「文字を書く仕事」という漠然としたイメージは抱きますが、具体的にはどんな仕事なのか分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、単月で10万円を稼ぐWebライターの目線から、Webライターのメリット・デメリットを解説していきます。

Webライターの仕事に興味がある方には、必見の情報です。

是非、最後までご覧下さい。

 

Webライターってどんな仕事?

Webライターの仕事は多岐に渡ります。

個人でブログを運営し、商品広告からアフィリエイト報酬で稼ぐ人。

クラウドソーシング上で企業・個人から仕事を受注人と様々です。

 

クラウトソーシング経由でのWebライターの仕事は、初心者でも低単価の案件から始められるために、気軽に始めやすい副業としておすすめです。

 

Webライターのメリット

場所や時間に縛られずに仕事が出来る

Webライターの仕事は、インターネット回線とノートPCがあれば仕事をすることが出来ます。

その為、わざわざ会社に行く必要もなく、海外に住みながら仕事をすることも現実的に可能です。

子供が小さいママさんなどは、隙間時間に仕事が出来るために、おすすめの副業であると言えます。

 

案件実績が残り続ける

私たちが普段働いている会社では、会社在籍中に物凄く貢献したとしても、辞めた時には何も残りません。

しかし、クラウドソーシングに関しては、今まで仕事をしてきたプロジェクトの数や評価が、実績として永遠に残ります。

また、匿名でもライターの仕事が出来る為、何か人生で大きな失敗をしたとしてもライターでやり直すことも出来るのです。

 

Webライターのデメリット

 

 

 

 

 

基本的にはお客様要望に合わせる

クラウドソーシングのライターは、基本的にはお客様の要望に合わせて文章を書くスキルが問われます。

その為、「自己表現をしたい!」という思考を持っている方にとっては面白くないと感じるかもしれません。

しかし、すぐにお金にはならなくても、個人でブログなどを発信することで、企業から

「この記事に近いものを書いて下さい」

と依頼を受けることもあります。

なので、自己表現をしたい方は個人ブログの執筆がおすすめです。

始めた初期がかなり大変

Webライターの仕事は始めた時が一番大変です。

継続発注を頂けるクライアントに対して、実績が少ない状態で提案をして行くために、なかなか提案が通らずに仕事を受注出来ないことがほとんどです。

単価の安い案件から実績を積んで行ったとしても、お金にならずにモチベーションを維持するのも大変でしょう。

しかし、2〜3ヶ月懸命に仕事をこなして行くと、軌道に乗って行きます。

始めた当初が一番辛いので、歯を食いしばることが大切です。

 

まとめ

 

 

 

 

 

いかかでしたでしょうか?

今回はWebライターのメリット・デメリットについて経験者目線で解説致しました。

Webライターといっても、クラウドソーシング経由のライターなのか、個人ブログで稼ぐのかでは大きな違いがあります。

自分の性格に合った手法で、まずは始めて見ることがおすすめです。

また、クラウドソーシングサイトは始めるのにお金が掛かりません。

「一度登録してみて、合わなければ辞める」という手軽な感覚で始めてみるのが良いでしょう。

この記事が、Webライターに興味を持つ方の参考になれば幸いです。