【サラリーマン=投資家】サラリーマンは投資家として安定的な債権を持っていうのと同じ

KIZUNA
どうもこんばんは、KIZUNAです。

今日はトレーディング目線においてあなたの給料についてのお話をしようかなと思っています。

なんでトレーディング目線なのかというと昨日買ったレオパレスの株を損切りしたからです。。。泣

 

 

 

 

 

で相場では一番のチャンスってなんだと思いますか?

相場における一番のチャンス

人が恐怖を感じている際が一番のチャンスとなる

と基本的に言われます。

相場を張るというのは、リスクを持ってリターンを得ますよね?

相場では意外と人間的な感情がマイナスに働く局面が多いんドS。

損をしたくないという感情が一番に作用しているからだと思います。

リスクとリターンの折り合いから期待値が算出された際には相場に張ってもリスクは大きくあります。

そこで強いストレスを感じたりするのは正直

リスクを許容できていない

という事なんです。

で、本題の主題の方に戻ります。

リスクを許容できていないという人は真にリスクを受け止めてみてください。

サラリーマン=投資家

 

 

 

 

 

ではサラリーマンとして給料をもらっていうのを投資家として考えてみましょう。

そしたらどうですか?

100パーセントの確率で毎月債権をもらっているのと同じなんです。

毎月30万円分の債権をもらい、その金額はほとんど動かないものなのです。

そう考えますと凄い安定的な投資家としての側面が見えてくるのではないのでしょうか??

つまり考え方次第なんです。

あなたは自分自身でサラリーマンだと思っているかもしれませんが、

投資家としてのマインドを持たないといけません。

「自分は株とか興味ない」と思っている方も多いかと思いますが、正直に言います。

あなたも投資家なんです。

 

 

 

 

ですから投資の勉強をするのはおすすめです。

あなたという自分の技量やらなんやらとをポートフォリオ

という色々な株に投資した時の構成を考えた際に、今もし本業だけでやっていてそれがリスクのないビジネスをしているというならば

あなたは

“ただ絶対儲かるけど絶対大勝ちできない”

手法なんです。

ですので、あなたが実際にできるリスクはなんなのか?

そしてそのリスクを許容できる自信があるのか?

この上記2点を考えて行動に移してみてはいかがでしょうか?

このリスクを考えていないで行動をしている人は

単にリスクが見えてないだけです。

何も考えずに起業を選択肢にとる人はそれ相応のリスクを冒している

のです。

何事も不確実性はありますからね。

最後に自分が参考にした本を紹介しときます。とても面白い本ですので是非。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 [ cis ]

価格:1,620円
(2019/2/18 14:56時点)
感想(11件)

 

 

では今回はこれまでで。