空気を読むな!子供になることが成功することに直結する

さて、今日も私ryoが書かせていただきます

今日私が言いたいことは、子供の時の柔軟な思考をあなたに思い出してほしいのです

 

前に、自分を中心に考えろ!と言いました
そちらの記事を読んでいない方は、まずはそちらを読んでみてください

「世の中は自分中心に回っていると思え!」

 

この時私が言ったことに似ているかもしれません

ですが、最近仕事をしていると、変に周りに合わせてしまい
頭の固い考えをしている人が多いので
今回はこちらをテーマにあなたに何か伝えようと思いました

そもそもですが、あなたは自分の挑戦に本気で取り組んでいますか?
それとも、どこかで自分には無理、、どうせ出来ない、、
何て思ってしまっていませんか?

良くいるのが、全く自分で挑戦と言うものをしていないのに
モチベが下がったから、やるのを辞める、、

はっきり言いますが
何も成し遂げていないあなたでは、、

出来るか出来ないの判断なんて出来ません

これは、絶対に言い切れます

何かを始めて、1年も継続していないで
自分には向いてない、、難しいなど判断してしまう人は
自分の限界まで挑戦していないし
そこで辞めてしまう時点で負けていると思います

本当に成功している人は
1年で投げ出したりしていないし
1年で成功なんて掴めるほど甘くないです

1年で成功している人の大半は
単純に成功の基準が低い人です

もちろん、短期間で成功する強者もいます
それは事実です

ただし、あなたが何か挑戦するときに
周りに何か否定されたとしたら
その否定する人たちは、、

その分野で成功した体験がありません

だから、何も挑戦していない人の声を聞く必要はないのです

もっと言うと、周りの空気に合わせて自分の挑戦をあきらめる必要が無いのです

空気を合わせるって本当に歳をとっていくごとに
やってしまう行動ですよね、、

子供の頃の、我儘な気持ち、やりたいことにまっすぐな気持ち、、
これを子供の時は誰しも持っているのに
社会人になるとそういう気持ちはどこかに消えてしまいます

でも、成功している人は周りの空気に合わせて行動することなんてしませんよ?

それを、私が成功している人の話など聞いて

「好きなように生きて良いんだ!やりたいことをなりふり構わずやっていけばよいんだ!」

こう思うようになったのです

ただ、ここで注意してほしいのは
もちろん、子供の時と違い社会人とは大人ですから、責任と言うのを持っています

子供と大人とではそこが違うのです

もっと、具体的に言うと、、

ただ我儘を言うだけでなく、しっかり有言実行、もっと言うと有言即行出来るかと言うのが大人と子供の違いです

これは、別に口だけでなく行動に移せと言うことなので
特別なことを言っているわけではありません

ただ、あなたが社会人になっても好きなようにやっていきたいのであれば
責任をもって、もし従業員がいるなら、その自分を支えてくれる人に
申し訳なくなるようにするということ、、、、

そういう責任の部分だけしっかりすれば
自分の好きなように、つまらない空気など読まずに生きていけばよいのですよ
と言うことです!

それでは、今日はここで失礼します