世の中の情報は相手頼りにしない。美味しい話の半分は嘘だと思え!トルコリラやソフトバンク株の話

どうも、こんばんは、KIZUNAです。

今回もマインドについてのお話をさせていただければと思います。

実際の話なのですが、証券マンに「美味しい話がある」って言われた機会がありました。

約2年前くらいの話ですね・・・

で話を聞いたら今はトルコの国債を買えば年率10パーで利益が出ると言われました。

で100万あれば一年間で110万円になると言われるのです。

また話は変わりますが、

最近だと携帯会社であるソフトバンクのIPO(新規公開株)がありましたね。

新規公開株は基本申し込んで当てたら8割型は当たるという超優良案件です。

しかし、そのIPOを証券マン側からしてきて、

「なんか胡散臭いな・・・」

と思いました。

聞いたらPBRやPERがかなり低く利回りもいいと唄っていましたが、結局上場した際には公募価格割れという悲惨な結果になりました。

ソフトバンクのIPOはなかなか売れなくて売り上げ目標として課せられていたなんて話も後々察しがつきました。

孫さんが売りに出した株に勝てるはずもないですもんね・・・笑

人の話を聞いてばかりだと、いい風に聞こえますが、裏を考えてみてください。

例えばですがトルコの通貨はフラジャイル5と言われる名前通り危険な世界のTOP5の通貨です。

かなり値が乱高下の通貨ですからそれ相応のリスクがありますよね。

またトルコには地政学的なリスクがあります。それはヨーロッパとイランやイスラエル等の国をつなげるパイプになっているのですよね。

ですのでIS等の脅威がある際にはトルコは変われません。

最後にですが、トルコ国のインフレ率がトルコ国債の利回り以上になっています。

つまりインフレ率20パー以上で上がる国は通貨が下がるのが基本ですよね。ジンバブエ等がハイパーインフレして政治が持たなくなった等の話はかなり有名だと思います。

上記のようなリスクを全て洗い出した上で勧めてくるのならいいのですが、 表面的なことしかわかっていない&多分気づいていないんだろうなと思いました。

その際にお勧めされたのが一年以上前の話でトルコリラは32円ほどでしたが今見てみるとどうなんでしょうか・・・

これが現実なんですよね。調べたら20.5円でした。

相手がプロの証券マンだからと言って相手を鵜呑みしないようにしましょう。

また美味しい話は必ずと言っていいほど提案側も得すような話になっています、

それをドライに見てどう判断するかはあなた次第です。

では今回はこれまでで。