ビジネスにおける期待値の考えを体に染み込ませる実践行動を本気でお教えします。

どうもこんばんは、KIZUNAです!

この話・・・

LINE@では同じようなお話をしたことがあると思います。

けれど自身が体験した中で失敗しないし考えも学べる最適な場所と強調したい、それゆえこの記事をブログにもより見やすく、書かせていただきました!(笑)

自分がスロットに出会った際にお話をさせていただきます。

大学二年生の頃に

「友人がスロットで100万稼いだ!!」

という話を聞いて

「本当に!?」と半信半疑ながら、

そこから親しい友達ということもあり、連れてってもらいました。笑

まずお店がめちゃくちゃうるさくて、光もバンバンし

「こんなところで大丈夫なん・・・」

と思いながら入店しました。

意外とパチ屋ってまんが雑誌コーナーやwifi、無料飲料水等とお得な部分があります!

 

打った台は今もあるバジリスク絆・まどかマギカ・ミリオンゴット等・・・

そこでは厳格なルールを友人が教えてもらい、はじめはジリジリ負けて2人で1万円近く負けて、

内心こんなものかという思いがあったのですが、「モンスターハンター月下雷鳴(いまもある機種)」が爆発して3000枚(6万円分)も出て、最終的に2人で1日で5万円も勝てました!(笑)

そこから自分の趣味になってしまい、スロット稼働をする際に月に10~40程稼いだりしています。笑

なぜ勝てたのか??

スロットで勝てるのかというと知っている方もいるかも知れませんが、スロットにはある回転数に達すると強制的に当たる

「天井」というのが搭載されています。

 

この左の「32」というものです。

基本的に多いのはこのデータカウンターが「999」ゲーム間で当たらなかったら1000ゲーム目で当たるというようなシステムです。

そこで誰かが700ゲーム間当たらない台を捨てた際に座ったら必ず1000ゲーム目に当たりますし、

自分の引きですぐ当たる可能性があります。

勝ったり負けたりしますが、そのトータルを合わせた平均である

期待値を計算するとざっと一台2000円くらい

それを繰り替えし、スロプロは稼いで行くのです。

もちろん勝つ時は勝ちますし、負ける時は負けます!

しかしながらコツコツ勝ち負けを繰り返していき、最終的に月に20~30万稼げるようになるのです。

そこで学んだのは「期待値」思考です。

勝っても負けても計算した確率通りでは、最終的に勝つという思考を心がけてください。

長期的に勝たなければ生産性がないのです。

その思考は分かっていても難しい、大負けしたら悔しい!

っと思うのが人間です。

その期待値思考の

「言うは易し、行うは難し」

をまずは実行して欲しいなと思います。

この思考を考えることによってFXや株式投資での勝ち方もわかりますし、転売についてもわかります。

とにかくビジネスをする上での姿勢をスロットで学んでみてはいかがでしょうか?笑

では本日はここまで(えへへ)